ペイオフ

学資保険の限度額超過とは

子どもの教育費用は、すべて国公立の学校に進学したとしても、トータルで1000万円以上かかると言われています。
2000万円以上かかるパターンも珍しくありません。
そのため、ある程度、貯蓄としても利率が良い保険である学資保険を、子どもの教育のために、できるだけ多めに掛けておきたい、と思われる方もいらっしゃると思います。
学資保険には、保険会社によって限度額があり、超過すると減額をしないといけない場合もあります。

限度額とは、学資保険の満期となった時受け取れる金額の上限のことを指します。
学資保険の場合には、被保険者である子どもが、満15歳未満であれば700万円、15歳以上であれば1000万円と決められています。
これは、どの保険会社でも同じことです。
学資の満期だけでなく、死亡保障金を合わせた金額ですので、学資保険を複数かけている場合や、医療特約を付けているようでしたら、700万円、もしくは1000万円の限度額を超過していないか、今一度契約内容をチェックしましょう。

最近になって、この限度額が決められたということもあって、気が付かないまま、かなり前に限度額超過になる満期の学資保険を掛け続けていて、最近になって、保険会社から、満期の減額を求められるというケースも生じています。
減額をするとなると、原本割れをしてしまう可能性が高くなり、損をすることになります。

1000万円という取り決めは、未成年者に対する保険金を目的とした犯罪を事前に防ぐ目的があって、主にヨーロッパの保険会社では一般的なものでしたが、最近になって、日本でも決められるようになりました。

学資保険の加入時に、保険会社によっても限度額を越えていないかどうか、確認が行われますが、複数の会社で申し込んだり、契約者が父と祖父母といったように異なる場合は、保険会社のチェックができませんので、自分自身で確認をしておくことが大切です。
学資保険で不足する分は、別の貯蓄などでカバーするように、計画的に貯蓄をしましょう。