ペイオフ

収入大幅ダウンしたときの学資保険の見直し

学資保険はかけておくと便利な保険です。
一括で保険料を支払った場合を除くと、保険料を月々の支払いにしているという方も多いと思います。
しかし、17年や18年という年月の間には、リストラや、転職などによって、収入が学資保険に申し込んだ当初の予想より減ってしまって、学資保険の支払いをするのが、難しくなってくるという事態も考えられます。
その場合は、学資保険の見直しを行いましょう。

見直しを考えている場合は、まず、契約をしている保険会社に連絡を取って相談をして、見直しを行うという方法があります。
学資保険の中には、子どもの医療保険が付いているタイプのもの、育英年金が付いているものなど、いくつかの種類があります。
保険の内容を見直しをする上で、たとえば、医療保険の部分をやめて、学資保険だけにするなど、同じ保険会社の中で、種類を変えることができます。

また、満期で受け取る金額を減らすと、保険料の支払いも、その分少なくなります。
ただ、見直しも、期間が決められています。
たとえば、子どもが7歳までなら、学資保険の変更ができるものの、満期が近い年になっているのであれば、変更ができない、など保険会社の規定がありますので、申し込みの際の契約書をよく読んでおくことが必要です。

学資保険は、医療保険と違って、貯蓄の目的が高いので、解約をした場合は、元本割れhttp://www.archivescalifornia.com/si/_cl_U1948SCROG.htmlをしてまいますが、収入が大幅に減ってしまい、家計に影響があるようであれば、学資保険の解約をして、今までの積み立てた保険金を返却してもらうということも、考慮する必要が出てきます。
さらに、現在の貯蓄状況や、家族構成、今後の収入はどのくらいかなど、細かい資産などの状況を踏まえた上で、どの学資保険に切り替えるのが良いかなど、詳しく相談をしたい場合は、専門である、ファイナンシャルプランナーの資格を持った方がいる、保険代理店などに相談を依頼をして、客観的に判断してもらうことが必要になってきます。