ペイオフ

学資保険の払込金、総額どれくらいがいい?

子どもをどのような進路に進ませたいかによって、その家庭にとって、どのくらいの学資保険を申し込むのが良いのかが、かなり変わってきます。

学資保険は商品の内容によりますが、100万円から200万円、もしくは300万円を満期の金額に設定している方が多いようです。
受け取りの時期は、高校の入学時、高校の在学中、大学の入学時などと、設定をすることができます。
商品によっては、満期は高校卒業時で、それぞれの入学祝い金として、小学校、中学校の入学をした際に、一 時金を受け取れるというタイプのものもあります。

学資保険を決める際に大切なことは、子どもがどのような進路を選ぶかということです。
子どもが、ずっと私立の学校に進学し、さらに私立理系の大学に入学をすることになったとすると、トータルで2000万以上の教育費用がかかります。
小学校からずっと公立の学校に進み、地元の国公立の大学に進学をするのであれば、トータルでかかる費用はずっと少なくなり、750万円ほどだと言われています。
しかし、最近では、国公立の学校も学費が上がってきていますし、また、6年制の大学に進学をしたり、浪人をしたり、大学院に進学することも珍しくありません。

また、親元を離れて、遠方で1人暮らしをさせるとなると、もっと費用がかかります。
そのため、私立を前提に考えている場合は、学資保険は高いタイプのものを選ぶのが良いと言えます。
ただ、子どもの将来は小さすぎてまだ分からず、どのタイプの学資保険にするか迷っている場合も多いと思います。
その場合は、学資保険でもっとも多く契約されているタイプである、200万円の満期、月々が9000円ほどの掛け金となる、商品を選ぶのが良いかと思われます。
学資保険の支払いのタイプも、月払いではなく、10年で支払ってしまうタイプにする、もしくは、年払いで行うなど、なるべく家計に響かない金額で抑えておくこともポイントになっています。